読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイタリティーに生きる

プログラミング、スタバ、フリーランス、WEBデザイン。フリーランスで生きる大学生が新しいライフスタイルを提案します。

ブログのアクセスアップにGoogleアナリティクスが欠かせない理由

ブログで稼ぐ・ブログのSEO対策

f:id:starceo-teo:20160315233941p:plain

桜が咲きはじめるようなこの季節、スタバでパソコンをいじっているものの選んだ席が冷房の直下で、キーボードを打ち込む速度が震えて3割減しています。どうも。

今回ははてなブログでGoogleアナリティクスを導入すべき理由をまとめさせていただきます。というか、みんなアナリティクスを使っていますか?これ、まじ使ったほうがいいですよ。

僕は携帯にアナリティクスのアプリを導入しもはや、三度の飯や家事洗濯炊事にすら影響がでるほどデータを眺めている、いわゆるコテコテのアナリストでありますが、今回はそんな僕がブロガーなら是非Googleアナリティクスを導入したほうがいい理由を紹介します!SEO対策にもかなり有効です。

 

ちなみにGoogleアナリティクスを敬遠される方がいますが、これは恐ろしい機会損失です。路上にM字開脚しているお姉ちゃんがいるのに某ファーストフード店の看板と間違えて通り過ぎてしまうよりも機会損失です。

具体的にどう機会損失しているのか。

 ブログに来ている人個人の詳細データがわかる

Googleアナリティクスを使えば、自分のブログに来ている人の年齢層、性別、使っているブラウザがわかります。これはブログのマネタイズを最大限にするために非常に有用です。例えば、もし自分の来ているユーザーの使っている端末が、スマホ9割でパソコン1割だとします。これアナリティクスで簡単にわかるんですが、これを知らないとパソコンサイトのアドセンスの位置のことで一生懸命頭と時間を使って考えちゃったりしちゃうことがあります。明らかに費用対効果がよいのは、スマホサイトのアドセンスをいじることですよね?こういう時間のロスが減ります。 

データを元に、精度の高い効果検証ができるようになる 

ブログを書いていると、やっぱりどの自分の記事が反響があるか気になっちゃうものですよね。僕はメンタルが子羊とタイマンを張れるレベルに弱いので、下手に物議をかもすようなオピニオン記事を書いた瞬間には怖くて膝がプルプル震えてしまいます。

でも、そんな記事でもはなてブロガーさんに星をつけてもらったりコメントもらえたりすると本当嬉しいんですよね。多分アクセスアップするよりも嬉しい(笑)

Googleアナリティクスでは人気のある記事順にソートできる

通常はてなについているカウンターでもどの記事が人気があるかはわかるんですが、Googleアナリティクスではできることが全然違います。ブラジルに行って帰ってくるくらい違います。具体的に何ができるのか。

  1. SNS流入順、SEO流入順,はてなからの流入順などで、アクセスランキングを多種多様な切り口から分析できる。
  2. PV順でなくUU順にソートできる
  3. 今だけじゃなく、過去のアクセスランキングも一瞬でわかる

これって思った以上にでかいです。ある記事を書いた時、

この記事はSEOで流入が多かったけど、SNSでは全然流行らんかったなー。だからもっとクリックしてもらえるように、タイトルをインパクトあるようにしよー!とか次の反省につなげられるですよね。

ユーザーの直帰率が一瞬で見える

アナリティクスではユーザーの直帰率がわかります。

www.h-nanae.com

直帰率についてはこのブログを参考にしてください。簡単に説明すると、

  • 他のサイトから自分のサイト内のページに流入してきた人が、今見ているページだけを見てすぐ他のサイトに行ってしまった人の割合。

言い換えれば、直帰率が高いということは、それだけ多くの人が自分のサイトから一回で他のサイトの移動してしまった。ということになります。

すなわち、直帰率が高いということは基本的に、自分のサイトにユーザーが魅力を感じていない。ということです。

基本ブログを書いていても主観が入っちゃうんで、自分のブログが他の人にどう見られているかってわからないじゃないですか。でも、この直帰率のデータを見れば、それが客観的数値としてすぐに出ちゃうんですよ・・。残酷なことに。

でも逆に言えば、もっといいコンテンツを作らな・・!っていう風に捉えることができるようになるので、そういう意味ではかなり便利かと。

ちなみに僕のこのサイトの直帰率は・・・。

f:id:starceo-teo:20160315203224p:plain

おお、83パーセント!!!これどんなもんなんだ・・!?恐る恐る、他のサイトの平均を調べてみると・・・

一般的に、直帰率は「40%」前後であれば良いとされていますが、ページごとにコンテンツ内容も違えば、ターゲットユーザーも違うので、直帰率を確認するさいは「ページごと」に確認する必要があります。
その上で、そのページの直帰率が40%を大幅に超える場合は、そのページを見直す必要があります。

 

うえい\(^o^)/うっほダブルスコアやねん!!

 

まじかよ・・。めちゃんこショックです。なんでダメなんや・・。僕には分からないので誰か教えて下さい。おねがいします。(切実)

リライトした時の効果検証ができる

僕はブログの記事のリライトをよくします。要は一度書いたブログの記事をもう一度書き直すこと。

www.proof0309.com

リライトの効果はまじでかいっす。この記事も参考になります。

もし仮に、記事の検索順位が上がっていないことを問題視して、過去記事をリライトしたりします。まあそんなに甘くないですから、すべて記事を書きなおしたりしても、うまくいくかわからないですし、むしろリライトする中でも、最初どういう風に記事を書けば、検索エンジンで上位表示されるかはわからないです。

でも大事なこととして、例えば記事を変更した前後のアナリティクスのデータを見て、もしその後で検索エンジンに評価されアクセス数がぐっと伸びたとしたら。

 

いくつか改変した中で、アクセスが伸びたものを抽出し、自分の中で何をどう変えたかの共通項を取り出し分析することで、マイセオリーとして検索エンジンに評価される記事の書き方が見えてきます。俗にこれを効果検証といいますが、地道な効果検証を積み重ねて体得したマイセオリーを持っているブロガーさんは強いです。SEO対策も地道な効果検証の連続だとよく言われますが、ブログ運営も長期的にPDCAを回した人が勝つと僕は思っています。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

記事の書き方のセオリーを体得されている方で僕が尊敬しているのが、この

Literally

を書いてるブロガーさん。

 もはや2015年には記事を11本くらいしか放出していませんが、2015年250万以上ブログで稼いでいます。

正直ブログは自分の投稿を戦略的に分析して、自分だけの収益化のスタイルを見つけるかが肝要です。 イケダハヤトさんもらふらくの人もこのLiterallyの人もブログスタイルはまったく違いますが、自分だけのスタイル、セオリーは保たれています。SEO対策、ライティング、ブランディングなどいろいろな観点がありますが、総じて稼げる自分のスタイルを見つけるためにアナリティクスは大事です。

検索クエリを使い倒す

 Googleアナリティクスのめちゃめちゃ便利なツールとして検索クエリがあります。

検索クエリってのは、自分のサイトが検索エンジンで何番目にのっているか、すべてのキーワードでわかってしまう神のようなツールです。

bazubu.com

ここにうまくまとまっています。

検索クエリを使えば、自分のサイトがどのようなキーワードから流入してくるか、すべて表になってでてくるんですよ。例えば、『にんにく 臭い』とか『にんにく 口臭』とかのワードで上位表示されているとか具体的にわかるんですよ。

そうしたら、あ俺のサイトは『にんにくが及ぼす口臭効果』をきにする人が多数来てくれているんだな!じゃあにんにく口臭関係のページをもっと書けば、ユーザーは興味を示してくれて、直帰率も下げらるかもしれん!!

なんていう風にSEO上の戦略が立ったりするんですよね。そういう根拠をもとに書いた記事って、どう考えても普通に雑記ブログとして記事を書くより、ユーザーに評価されてバズったり、拡散されたりするんですよね。

最後に

自分なりにどうGoogleアナリティクスをブログのアクセスアップに生かすか簡単にまとめてみました!この記事はあくまでの僕のアナリティクスの活かし方しか書いてないので、これを機にアナリティクスの可能性を感じてくれた人は、他のサイトを検索してみてくださいね。アナリティクスに触れている記事でおもしろかったサイトを下に貼っておきますね。