読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイタリティーに生きる

プログラミング、スタバ、フリーランス、WEBデザイン。フリーランスで生きる大学生が新しいライフスタイルを提案します。

コミュ障大学生だけど相席屋に行ってきた

大学生・大学生活・バイト

f:id:starceo-teo:20160330075808j:plain

いま巷を賑わしている相席屋に友達と凸ってきました。昨日は普通に大学の友達と、日頃のストレスを肴に新宿で飲むはずだったんですが、大学入ってもそんなに女の子と遊べてないし、むしろパソコンとかインターネットとかしかつるんでないし、あれ俺ら乾燥してんな・・・。ってことで新宿の相席居酒屋に急遽行くことにしました。

今回はこちらの相席屋さんにいきました。料金男が30分1500円、以降10分おきに500円追加というシステム。女子においては飲み食い無料。いわゆる飲み食べ放題ってやつです。世界は女の子に優しいという事実と男の出会いへの欲望が現れた料金設定だなと感じました。

 

2時間くらい歌舞伎町の焼き鳥センターで飲み食いした後で、相席居酒屋に向かいました。僕はというと大学生のくせしてしかも生粋のコミュ障なので人数合わせの合コンとか誘われると、合コンという非日常に跪き必ず緊張するのですが・・・、今回の相席居酒屋では不思議と緊張していませんでした。

 それは母親がかってくれたストールを巻いていたから

僕は結構ファッションにそこまでお金をかけていないので、2年前くらいにかったユニクロを着まわして日々やりくりしています。そのためファッションセンスは不可でしかなく。ファッションで褒められたことは、人生で1回くらいのくそ大学生です。

ただ、そんな僕に見かねた母親が厳しい家計の中か振り絞って勝てくれたのが、『ロエベのストール』でした。これ2ヶ月くらい前にもらったんですけど、俺の中では評判で。いや本当にいいんですよ。大学の集まりがあるときは高頻度で巻いて行ってました。ほんならファッションいけてるねみたいなことを人生で初めて言われまして

 

昨日の僕は、『あれストールとか巻いちゃってるし俺いけてんじゃね??』と不思議に大きな気持ちになっていったのでしょう。全然緊張せずに相席居酒屋に向かうことができました。

噂のストールを見てもらいたいので、こちらです!

f:id:starceo-teo:20160330080723j:plain

いやまじで格好いいでしょ!清潔感ある格好!!!これはいけるに違いない!!

いざ相席屋にて

店についたのですが、相席屋は全然並んでもいなくすんなり通されました。料金は後払いだったので、店内入ってすぐに女性の待つボックス席に案内されました。

うわぁどんな子がいるんやろう、同い年か年したの大学生だといいなあ!てかどこの大学だろう、共通の友達とかいたら盛り上がれそうだなぁ。などと悶々と考えながら、相席屋さんの店員さんに促されるままにボックス席にたどり着きました。

いま思えば当たり前なんですけどそこには、バリバリの年マシ『社会人ウーマン』が2人座ってました。

 

THE END OF MY LIFE...

うわっ、マジか。

いやいやいやいや、大学生に対してもコミュ障なのに社会人女性と喋れるわけない!!しかもしかもなんかめちゃ年上だし、ケバいしなんかウェイウェイしてそうだし!おっ◯いも控えめながらも際立つ黒の柄なしの服きてるし!!!

これは会話が回せなくて気まずくなるやつだ!!

そう思った時にはすでに遅かれしでした。逃げ帰ろうとするまでもなく、女性がこちらを見てくるので挨拶をせざるを得ずそのまま着席・・・。相席屋が始まりました。

 

そこからの記憶はない

いまこの記事を書いているのが相席屋にいった翌日の早朝なんですけど、まったく記憶がございません、僕・・・。

焼き鳥センターでしこたま飲みすぎたのと、沈黙が怖かったのか相席屋でも飲みまくったんでしょうか。

気づいたら今朝リュックとコンタクトを身につけたまま自宅の布団に寝ていました。

なんでだろ。とりあえずこのままだと記事が書けなくなるので、突然ですがなんとなく微妙に思い出してきた範囲で相席屋のコツを紹介します。

相席屋のコツ

いやそもそもコツを言える立場にない

正直昨日の記憶もほとんどないし、コミュ力が低い部類の人間なので相席屋のコツを教えられる立場にはないのです。でも本当に強いて言うなら、楽しむ気持ちをもつこと。緊張していると相手も緊張で硬くなってしまうので、リラックスして臨むといいでしょう。僕もストールのおかげで余裕ができて、比較的リラックスして臨むことができました。

 

男がもりあげる意識をもつといい

ウェイ的発想、盛り上がることだけがそもそも大事なのかはさておき、会話ができないと何も始まらないですよね。

結構まじですが、初対面の男性に自分から盛り上げられる女子は少ないと思います。取り合えず、男子勢が会話を振ったり回したりできないと、結構変な空気になる可能性があります。最初の10分くらいは、会話を盛り上げないとやばいです。初対面のときで会話を盛り上げるコツとして、

 

  • 相手の情報を引き出せるような質問をしつつ、ちょくちょく自分たちのことを伝える
  • ちょいボケをかましながらも話を膨らましていって、自分と相手の共通点を探し出す
  • 共通点がでてきたら、それに関してあるある的なネタ等盛り上がる感じのやつを随時盛り込みながら、質問をしたりして一気に深ぼる
  • 一度深ぼって盛り上がれば一気に会話のハードルが下がる

 

コツは、広い話だと表面的な関係しか気づけないしそこまで盛り上がらないので、できるだけ深ぼって深い話をすること。

 

基本自己紹介は質問で『どこに住んでるの?』とか基本的な情報を引き出しつつ、女性が趣味は旅行といってたので、なんとかそこを深ぼって話をなんとか盛り上げることができました(つもりでいます)。

社会人女性がきても、慌てずマイペースに

相席屋の醍醐味は何と言っても一期一会を楽しめるところだと思います。その場限りの出会いですね。でも逆にいえば、どんなバックグラウンドのどんな性格の人もくるかわからないですから、最初から難しい場合を想定して臨んだ方がいいと思います。

コミュ力がもともと高い人は誰とでも盛り上がれるんですかねw

俺は厳しいので、社会人女性との会話のシュミレーションとか、何に興味ありそうかリサーチしておけばよかったなと思いました。

 

とりあえず褒めると喜んでくれる

話題に困ったら、とりあえず褒める精神はまじでかなり使えます。ナンパの指南書で前見てなるほどと思ったんですけど、全体的にかわいいとかいうんじゃなくて、部分的に褒めると喜んでくれます。

 

例えば、雰囲気がかわいいとか、小物がかわいくてセンスがいいとか、目に付いたものをとりあえず褒めると、相手は悪い気は絶対にしません。むしろ自分に自信をもつようになり、女の子の方からベラベラ喋り出したりこっちに質問をかましてくるようになります。そうするとそのあとの会話は結構楽に進みます。

 

まとめ

結局相席屋は一期一会です。僕も連絡先の交換はしませんでした(できなかったんじゃないよ多分(白目)

友達と飲んだあとフラット立ち寄るのがなかなか面白いんじゃないかと思います。

なんか会話の指南書みたいな感じになってしまいましたが、とりあえず男が会話を回す・とりあえず褒めるということを意識していけば最低限の事故は防げると思います!大学生でも年上女性とそれなりに話すだけで、コミュニケーション能力ってのは結構つくので、相席屋おすすめです!もしよかったら、また僕もいきたいので誰か一緒にいきましょう(笑)