読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイタリティーに生きる

プログラミング、スタバ、フリーランス、WEBデザイン。フリーランスで生きる大学生が新しいライフスタイルを提案します。

大手サイトの中にいる僕だから実践しているブログのこと

ブログで稼ぐ・ブログのSEO対策

f:id:starceo-teo:20160320064830j:plain

僕は今大学2年の21歳ですが、浪人留年それぞれ1回ずつするなど大学生の世界ではもはやアウトローの身分なんです。そのため大学生ブロガーさんはキラキラしすぎてお近づきになれないような見えない壁を感じてしまっています(笑)

ただ僕は唯一ブロガー界隈でも1番2番なんじゃないかなって自負できることがあって、ベンチャー企業のメディア運営者に知り合いや仲間がたくさんいること。今年一年学生団体やインターンにフルコミットするうちに出来上がった人脈がいます。

月間20億PVの化け物キュレーションメディアM◯ryとか。あの創業者や設立時から働いていたインターン生の友達が僕の友達だったり、とてもお世話になっている人で、運営戦略とか結果的に成功した施策が詰まった資料媒体とか実は僕のパソコンの中に入ってたり

他にもベンチャーとの繋がりが多くて、実際にそこの中の人間の話を聞きます。ただそこの人たちと話をするほどに、嫌が応でもブロガー界隈にまかり通ってる通説がピントずれているなって思うことも多々あります。

10万PVあるブロガーさんがメディア運営のコツを発信すれば、とりあえずはてぶつけて拡散していくみたいな風潮とか。イケダハヤトさんとかめっちゃ適当なことよくいってますが、それを信者が鵜呑みにしている姿をみると盲目的だなあってのが正直なところ。

今回は成功されているブロガーさんやメディアの中の人に聞いて、僕が真にSEOとして効果的だと思っている事柄をピンポイントでまとめます。絶対に鵜呑みにしないでください。

 コンテンツを大事にして

その記事何をいいたいの結局?っていう記事ばっかり排出しているブログには当然ながら人はきません。見たって有用性がないから。ブログを書くなら、見た人をイメージしてきちんとした愛のある記事を書きましょう。イメージは自分の恋人に向けて記事を書くイメージ。これ本当に質ががらりとかわりますんでマジオススメです。

良いコンテンツの例(どれか一つ満たしていれば大丈夫)
  • 情報の網羅生が極めて高い
  • 経験談や成功体験に基づく独自の手法を提示している
  • 今までにない主張をしている
  • 誰しもが思っていたけど活字化できていない何かに触れる
  • 単純にみていて面白い、興味深い、引き込まれる

例えば何かしらのコツを発信するとき、恋人に対して自分凄いだろっていうのを誇張するように言わないですよね?これブログだと相手の顔も分からずに僕もよくやってしまうんですけど。もし恋人なら、相手の立場に寄り添いながら、時に厳しくしつつも確実に伝えられるような表現を選ぶはずです。

雑記ブログはパーソナリティーないと本当に厳しい

ベンチャー企業が運営するメディアは、4000文字相当の質の良い記事を、月に数十万という資本を投下して500本以上投下しています。そんな企業に個人ブロガーは絶対に勝てません。残念ながらいまの仕組みはそうなっています。

まして、そういう企業ですら例えば『ハゲ』といったニッチな分野で月500の記事を投下しています。いいライターさんには1記事1,500円くらい払うので、2時間くらい手の込んだ記事が大量に放出されているのが現状です。

インターネットの市場規模はもはや自動車産業と同じ規模です。その入り口である検索エンジンの窓を企業・個人問わず争っています。そんな中、あなたが放出した記事はユーザーにとって、検索1位ででてくるくらい魅力的ですか?

自分はネットの世界は常に日本中が相手だと思っています。40兆円近い市場の金の中からいかにして自分の取り分を確保できるか。もし雑記ブロガーさんでいまの状態で検索からアクセスが集められてないのであれば、ゆっくりで大丈夫なので自分の得意分野に焦点を当てるといいですよ。これから専門性を追求していくことで、じわじわと盛り返せると思います。

雑記ブロガーさんならではの強みもあるので、この記事の前に書いた記事が参考になると思います。

文字数が多ければSEO強いは、9割真

僕は企業のメディアが運営する百万PV規模のアナリティクスを見て、検索エンジンでアクセス集めている記事にはどんな特徴があるかまとめるのが好きです。その中で特に顕著な特徴は、次の2つ

①アクセスの7割は上位10記事が占める(記事は数千本あるのに)

②文字数が多ければ、上位表示になるは偽

 されど上位表示されている記事は、文字数が多いは真

ということ。

①から、記事大量放出しても、それ単体ではほとんどアクセスを稼げるわけではなく、いわゆる稼ぎ頭となるエースを生み出す必要があることがわかります。

②努力しても成功するとは限らない。でも成功している人は努力している

と同じ理論です。つまり、上位表示させたければ文字数を増やす必要があるということ。

  • そしてこの2つをまとめると、結局上位表示になるコンテンツを作るには文字数が必要であるという結論に帰着します。

9割真っていうのは、たまにドメインがめっちゃ強くて短いコンテンツでも上位表示される、まれにある例外を除くっていう意味です。

文字数の必要性について同じことを主張しているのがこの記事です。

blog.skky.jp

記事を放出するにもSEOを狙って

雑記ブロガーさんはよく言います。ブログは農業です、種まきですと。でも僕は言います。あなたの埋めた種は、β線で遺伝子組み換えをした二度と芽が出ない記事ですよって。

極端な例、『温度 - 夢・光・音』ってタイトルの記事を書いたとします。これ誰がなんて検索して入ってくるねん?いくら長文で自分の思いを熱く語って、魂を込めたとしてもこんなん検索順位であがりっこないです。

もっている熱い思いや熱量は、検索による流入がユーザーのどういう行動によってくるかを意識してその情報を欲しがっているユーザーに届けることがポイントです。

検索結果のニーズを考えるとは

ユーザーが検索してくる情報はグーグルのキーワードプランナーによって、検索ボリュームとしてすべて無償で提供されています。

f:id:starceo-teo:20160320042959p:plain

これが僕が 作っている検索ボリュームをボリュームの順に並べた Excelファイルです。この順に記事を放出していけば、少なくともユーザーのニーズの部分では満たされた内容のコンテンツが自動で作れちゃうんですよね。しかもこれなら何を書こうかネタにも困らない。人間不思議なもので、自分が書くキーワードを限定されるとすいすい文章が書けるんですよね。

自己紹介を5分してっていわれるよりも、職業は?とか趣味は?って質問されたほうが話しやすいのと同じですね。

こんなシート、ブロガーさんでやっている人はあまりお見かけしないですけど、メディア運営するSEOのプロは鼻くそほじくりながらやってます。このシートで攻め続けた記事を放出し続けることで、僕が別で運営しているブログは1年半という時間をかけて4,000円稼げるようになってきました。

キーワード表はこちらのサイトにつくり方が書いてあるのであとで一読することをおすすめします。

wakarukoto.com

緻密に根拠を追った戦略を立てる

ブログで稼ぎたかったら、戦略を立てること。大規模にネットで稼ごうと思っても、最初からうまくいく人なんて絶対にいないわけです。失敗に次ぐ失敗ばっかです。かのイケダハヤト氏だって、最初何千本書いたって鳴かず飛ばずだったんですよ?じゃああなたがブログで成功できる根拠は何?たまたまうまくいった人のを鵜呑みにすればいいの?いい記事があってブックマークをやむくもにすれば自分の知識になってると思うんですかね。残念ながら5分もしないうちに忘却して天に思し召します。

僕はこの記事は!と思った記事かタイプでかわいい女の子のブログしか基本ブックマークしません。体感では最後のやつが7割を占めてます

fovact.hatenablog.jp

僕はこのくらい緻密に戦略を立てました。戦略の立て方や詳しいことはこのページをご覧ください。超簡単にいうと、

  • 一定期間にブログがするであとう成長予測と、そこから逆算した行動タイムラインを表したもの

全部仮説であり根拠であり予測ですがこれを立てることで、自分がどういう方向で伸びていくのか、そのためにどのくらいの期間どの程度のことをするのか、頭の中がめっちゃクリアになります。

思ったより伸びなくてバズっただのバズらないだのに一喜一憂、アナリティクスを見てげんなりしてプライベートに影響がでてしまうなんてそんな勿体無いことない。もっと楽しくゲーム感覚でやるべきで、表現できることを楽しみながらやれなきゃ僕なんかブログは続けられないですし。

戦略を立てる上で僕が参考にしたサイトです。SEO関係のほぼすべてのノウハウが刻み込まれているサイトなので是非参考に。

bazubu.com

データを追いすぎて一喜一憂しない。信じて待つのみ

記事放出しているのに、全然アクセスがあがんなくてやめる人いますけど、本当にもったいない。どのくらい勿体無いないかって、高校生活で恋愛に走ろうとするもののよく考えたら男子校だった時くらい勿体無いです。要は過去の僕でありド絶望級です。

実際のところブログは参入障壁が低いからオススメっていう人いますけど、稼げる障壁は鬼のように高いのはもうわかりますよね。勘違いして入ってきてる人が、下手な考えでブログ書いても挫折する印象を受けます。

実際いま現時点で、このブログも日間400UUくらいに落ち着いていますが、収益でいうと1日アドセンスで40円です。かれこれ1日5時間はブログに使ってますから、時給1000円で5000円稼ぐとしても5000分の40。このブログだけだったら普通の大学生の0.8%しか稼げていないですよ。

今は年間10記事で250万稼ぐLiterallyさんも最初は我慢してることがわかる記事。一定期間我慢は必要です。

2015年、ぼくはこのブログで11記事だけ書いた。それでも2015年のブログ収入は250万円を超えた。25〜30万円/月がブログの収入として入ってきている。このまま放置していても、しばらくは同程度の収入が入ってくるだろう。

《ブログ年収250万を超えて》SEOと収益化のために僕が実践してきたこと - Literally

tsukuruiroiro.hatenablog.com

こちらの記事に詳しく詳述されています。 

僕はもうこのブログに関しては、ほぼアナリティクスを見ずに自分のたてた戦略のみを淡々と粛々と実行しています。論理的に整合性をもった戦略である以上それを実行すれば収益はあがるし実行しなければ収益はあがらない。戦略を立てるだけであとはやるかやらないかのレベルに落とし込めるので、ブログに時間的に割くリソースがあるなら是非やることをお勧めします。

 

戦略を立ててなくて、何をやればいいかわかってないのに、ただアクセス伸びないからやめるとか。たまたまうまくいった事例を引っ張って根拠にして、ブログは農業だから長期的には伸びるんだとか盲目的になるくらいなら、自分自身の戦略を信じた方がいいです。

fovact.hatenablog.jp

戦略を立てる上でのフォーマットとして参考になったのが、同じくLiterallyさんのこの記事。短期的にみた『バズの初速のつくりかた』から『実績あるSEO対策』まで。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

ブログを続けて

企業の運営するメディアもそうですが、よほどSNSでバズらないかぎり200本くらい記事を放出しても泣かず飛ばずがほとんどです。これは過去のアナリティクスをみるとわかるんですが、続ければあるタイミングで必ずアクセス伸びます。

今上位表示されているサイトも昔は全然だめだったものばっかだと思っていいでしょう。

やぎさんなど有名ブロガーたちも最初は全然だったことがわかる記事です。きつくなったときのモチベ維持に僕はよく見ています。

アクセスが伸びるって実際に体験しないと本当にその”いつか”、がくるか分かんなくてやめちゃうのわかるんですけど、過去成功しているブロガーさんの運営報告をみるなりするといいですよ。

最終的に何とか信じて記事を書き続ければ絶対に伸びます。もし不安だったら僕にいってくれれば、少しかもですがアドバイスやコンサルいつでもするのでいってください。具体的に伸びていないときは次のことをやるといいでしょう。

伸びていないときにすること
  • 記事をリライト・ボリュームアップさせる
  • 読まれていない記事をno indexにする
  • シリーズものを統合する

こちらの記事に詳しい内容が載っているので参考にどうぞ。

www.proof0309.com

投稿時間はアナリティクスでUU最大の山を狙う

f:id:starceo-teo:20160315233941p:plain

ブログがバズりたいと画策するなら、どのタイミングで記事を出せばいいかが大事になってきますよね。なんとなく会社終わる17時くらいかとか朝サラリーマンが電車に乗ってる8時くらいかとか予想するのは大事。

ただこれアナリティクでUUが自分の一番大きくなる時間の山を狙ってその時間に予約投稿すれば、最大効果が狙えるのでおすすめです。 ちなみに朝はみんな忙しいのであんまり効果ないように感じています。

読者とバズに囚われすぎないこと

読者からブックマークがこなくなるから丸いことしかいえないっていうブロガーさんを最近拝見したので。これはめちゃわかります。

でも一つ僕が思うのが、インターネットの大きさをお金で例えるとその市場規模って40兆円にものぼり、さらに年々5兆のペースで増えている現実。これよく実感できる数字に例えると、日本の自動車産業とほぼ同規模です。

その中ではてなブログの界隈なんてせまいもんで、ブックマークついたって精々1,000人くらい。企業のメディアははてなブログの媒体を使わないですから、基本検索エンジン頼りの戦略しか立てられないのです。でも集客に成功しているところは月間数百万いくわけで。

こちらのブロガーさんの記事は明らかにキーワードを狙ったガジェット系の記事を配信して検索エンジンで稼いでいる好例。

たまたまはてなユーザはブログを見てもらえやすい環境にいるけど、一般的にはそれは井戸の中にいるだけ、はてなブログという幹の狭いストローを通してインターネットという大きな空を見ないでほしい。基本検索エンジンがメインの集客の手段であり、いい記事があればSNSでも拡散されていく。そんなもんです。農業ってのも頷けますよね。

こちらの記事でヤギさんも言及されています。

最初から高いクオリティで記事を更新できたとしても、あまりPVは伸びません。バズ(SNSで拡散すること)が起きれば話は別ですが大抵は最初の3ヶ月はかなり地味なPV数になります。 3ヶ月を過ぎると、徐々にドメインパワーが強くなってきて検索で上位表示されるようになってきて記事を更新しなくてもPVが安定するようになります。

ブログを始めて1年で毎月9万円稼げるようになった超具体的な方法 - やぎろぐ

www.jimpei.net

今もっとも熱いはてなブロガーの一人であるヒトデさんの運営報告

www.hitode-festival.com

全体的にみて、やぎさんも含め短期間で稼いでいる人は戦略を立てている人が多い

www.lastday.jp

派手ではないけど、地道にやればいつか稼げることを教えてくれる良記事。趣味程度の更新頻度で稼ぎ出した『いつかたどり着く』

www.itutado.com

3ヶ月で5万PVに達した大学院生ブロガーさんの運営報告。

www.life-abstract.com

運営報告をするブロガーさんはどこかすごいっていう点が見つかるんですよね。ただみるだけじゃなくて、どうして成功できたのか良いところを探し回るようにして記事を眺めるだけでも、見えてくるものは違くなるはず。

もっともっと僕を利用して

はてなブログに自分のブログが言及されると管理画面の下の方にでてくるじゃないですか。なんか最近僕のことを言及してくれる人が出てきて嬉しいのですが、

それもっとください(笑)

この記事に関する言及、僕を批判でもボロ雑巾みたいに叩いてくれるのでも結構です。僕も言及してくれた人に対して倍くらいの愛の籠った言及をいたしますので。

この意図は僕がただ被リンクがほし...(ry)というのじゃなくて、少しでも誰かの役に立てたらなっていう愚直なほどに素直な思いから来ているので待ってます。誰からも言及されなかったらメソメソメソポタミアでなので愛のある言及をください。。

あとtwitter(@StarceoT)もやってるんでフォローしてくれたらフォロバします

まとめ

記事をつらつらと書いてしまって7000字近いボリュームになってしまったのですが、端的に言って僕はこのはてなブログが好きで好きでたまらないのです。なぜって、いろんな人に会えたから。リアルな知り合いには言えない闇抱えている人も、転職を繰り返しながらも自分磨いている人とか素敵な人にブログでたくさん出会えたから。

はてな始めたのは最近だけど僕の世界は確実に広がった。

だから僕自身みんなにブログを続けてほしいし、楽しい記事をみたい。そしてみんなに自分のでできる限り、もっているものを書こうとしたらこんな長くなってしまいましたw

ではこれ以上はさすがに見苦しいのでここらへんで失礼します!ではでは